■創造性豊かな海園・田園・人間都市へ 高松市長・大西ひでと-公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 大西ひでとマニフェスト2015

 

 

私は、平成19年5月に高松市長に就任し、以来2期8年間、
風光明媚で歴史と伝統のある環瀬戸内海圏の中核的
都市、高松市の市長として誠心誠意その職務に邁進
してまいりました。そして2期目の4年間は、
マニフェスト2011で掲げた12の政策キーワードに
基づく60の施策について、それぞれ設定した
成果目標に向かってその実現に全力投球を
してまいりました。
おかげさまでマニフェストに掲げた施策は、
全体的に概ね順調な進捗状況
となっています。
時代は大きな転換点にさし
かかっています。地方都市では急激な人口減少と
超高齢社会という現実への的確な対応が求められ
ています。

 

それぞれの地域、市町村が大きな変化の渦中にある
自らの現実を見つめ直し、将来を的確に予測しながら、
戦略的自治体運営を行っていく必要があります。
厳しい現実は、高松市も例外ではありません。
ただし、本市はいち早く人口減少を予測し、私が市長に
就任してすぐに策定した第5次総合計画や都市計画
マスタープランでは、まちづくりを拡散型から集約型へと
舵を切り、コミュニティの再生を図るなど、その進むべき
方向性を明確にして手を打って来ています。
「過去の延長線上に未来はない」のです。
そのため「イノベーションを継続!」して行かなければ
なりません。目指すは、「創造性豊かな海園・田園・人間都市」です。
私は、これまでの8年間に築き上げてきた確かな成果の上に立ち、 

 

常に持続可能性を求めながら、その先に灯す明るい希望を目指して、これからの4年間に成すべき施策について「マニフェスト2015」としてここにとりまとめ、市民の皆様にお約束します。

平成27年3月

「3つの指向」、「3つの方法論」、「7つの都市づくり」で老若男女の笑顔が輝く、元気な高松を創生してまいります。

他を真似るのではなく、自ら最適解を考え実行する。

今日より明日を良くするために先を見通し実行する。

常に世界の中での高松という視座を持って実行する。

行政のあらゆる場面において情報公開を徹底します。

交流や議論を活発化して納得のいく行政を進めます。

事業の内容等について分かり易い説明を尽くします。

 

人口減少・少子化対策と切れ目の無い子ども・子育て支援策の充実ならびに教育の振興を図ります。

 

人口減少時代に適応したコンパクトで美しいまちづくりと公共交通ネットワークの充実(多核連携型コンパクト・エコシティの実現)を図ります。

 

コミュニティの再生、各種市民活動団体の支援を図るとともに、男女共同参画社会の実現を目指します。

 

市民が健康で長生きでき、高齢者や障がい者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、保健、福祉、医療、介護施策の充実を図ります。

 

文化芸術スポーツなどの創造的な活動を活発化させ観光振興による交流人口の増加や産業振興に結びつけ、地域活性化を図ります。

 

ゴミ問題や地球環境問題に対処するとともに、災害時の危機管理体制を充実させるなどして、安全安心なまちづくりを推進します。

 

不祥事を防止するためコンプライアンス体制を整備するとともに、行財政改革や広域連携により、効率的で信頼される行政運営を推進します。

平成28年度における市長マニフェスト2015に関連する施策の進捗状況

 

 

コミュニティ 子ども・子育て 教育 芸術文化・スポーツ コンパクトで美しいまちづくり 環境 保健・福祉・医療 観光 公共交通・自転車 ものづくり・産業・雇用 安全・安心 行財政改革 12の政策キーワード 大西ひでとマニフェスト2011