■イノベート高松−夢と誇りを持って! 高松市長・大西ひでと公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 活動報告 > 2014年

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

カマタマーレ讃岐ホームタウンデー

6月28日(土)

カマタマーレ讃岐ホームタウンデー 本日夕方、県立丸亀競技場において、J2公式戦 第20節 水戸ホーリーホック戦に合わせて行った「カマタマーレ讃岐ホームタウンデー(親善都市ダービー「高松市民で応援するDAY」)」の試合前セレモニーで、観客の皆様にあいさつをしました。
 水戸市と本市は、昭和49年に親善都市提携を結んでおり、今回の催しは、今シーズンからカマタマーレ讃岐がJ2に昇格して実現した水戸ホーリーホックとの試合を親善ダービーと位置付け、両市の交流を更に深めようとするものです。今日は、市民限定の無料観戦バスツアー「納豆食堂in讃岐」での水戸納豆ごはんの無料提供など様々なイベントが行われました。来場者の皆様には喜んでいただけたものと思います。試合は0対0の引き分けでしたが、とても気持ちの入った一進一退の好ゲームでした。これでカマタマーレは勝ち点10となりました。順位は21位と厳しい状況ですが、まだまだ戦いは続きます。頑張れ、カマタマーレ!

平成26年第3回高松市議会定例会(閉会)

6月24日(火)

平成26年第3回高松市議会定例会(閉会) 本日、平成26年第3回高松市議会定例会が閉会を迎え、午前中本会議が行われました。
 私からは、高松市教育委員会委員の任命及び人権擁護委員候補者の推薦について、提案内容を説明しました。本日は、他に総務消防、教育民生、経済環境、建設水道の各常任委員会の委員長報告が行われたほか、討論、採決が行われ、本日追加提案した、人事案件を含め、補正予算案など今議会に提案した24議案及び諮問6件について、可決・同意等をいただきました。その結果補正予算として、南部地域スポーツ施設(仮称)整備事業を始め、社会保障・税番号制度構築事業のほか、まちなかパフォーマンス事業及び瀬戸内メディアアート祭(仮称)開催事業の実施に係る経費など、一般会計で3億4,232万円余が措置されました。各事業の実施にあたっては、事業効果を最大限に発揮できるよう、予算の適正な運用に努めてまいります。

平成26年第3回高松市議会定例会(代表質問・一般質問)

6月19日(木)

平成26年第3回高松市議会定例会(代表質問・一般質問) 6月10日に開会した平成26年第3回高松市議会定例会は、本日で本会議における質問が全て終了しました。
 今議会では、私の政治姿勢を始め、行財政やまちづくりのほか、災害対策教育福祉産業など様々な分野について、代表質問が4名、そして一般質問が12名の議員各位からあり、それぞれに対し、私も含め当局から答弁させていただいました。このなかで、行財政については、平成25年度一般会計の決算見込みが実質収支で、54億円余の黒字となる見込みであり、今後の財政運営に当たっては、施策・事業の厳しい取捨選択と行政運営の、更なる効率化のほか、基金の積み増しの検討や市債残高の抑制を考慮するなど、プライマリーバランスの改善に努めることなどをお答えしました。今議会は、20日に常任委員会審査が、24日には、委員長報告・討論・採決が行われ、閉会する予定です。

平成26年第3回高松市議会定例会(開会/提案説明)

6月10日(火)

平成26年第3回高松市議会定例会(開会/提案説明) 本日、平成26年第3回高松市市議会定例会が開会し、補正予算案や条例議案など提出した23議案について、提案理由を説明しました。
 まず、補正予算案は、南部地域の核となる特色あるスポーツ施設を整備する事業や、国などの補助認証等に対応するもののほか、県の「緊急雇用創出基金」を活用した事業などに、必要な予算を措置又は補正するもので、補正予算額は、一般会計で3億4,232万円余となっております。他にも、条例議案として、墓園使用料の額を定めるもの、幼稚園教諭及び保育士の職種を統一し、市長部門の職員とするもの、地方税法等の一部改正に伴い軽自動車税の税率の引き上げ等を行うものなどを提出しております。本議会は、本日から、6月24日(火)までの15日間で、13日(金)から代表質問が始まり、17日(火)からの一般質問と合わせて、16名の議員各位が質問に立たれる予定となっております。

平成26年度高松市交通安全母の会連絡協議会総会

6月5日(木)

平成26年度高松市交通安全母の会連絡協議会総会 本日午後、市役所において行われた「平成26年度高松市交通安全母の会連絡協議会総会」に出席し、お集まりの皆様にあいさつをしました。
 交通安全母の会の皆様には、日頃から「交通安全は家庭から」を合言葉に、小学生の登下校時の立哨活動や、保育所、幼稚園等での交通安全教室のほか、各地域での交通安全街頭キャンペーンなど、様々な交通安全活動に御尽力いただいております。本市の交通事故の状況は、件数・死者数・傷者数ともに昨年と比べ減少傾向にありますが、依然として尊い命を落とされた方が、5月末現在で3人おられます。本市としましては、交通事故死撲滅を目指し、警察や関係機関と連携し、交通安全意識の啓発・高揚に努めているところです。交通事故防止には、日頃の地道な活動が大切であり、お集まりの皆様には、引き続き、各地域における交通安全対策にお力添えを賜わるよう、お願いしました。

第84回 全国市長会議通常総会等

6月2日(月)〜4日(水)

第84回 全国市長会議通常総会等第84回 全国市長会議通常総会等 6月2日から本日までの3日間、東京で全国市長会の関連会議等が開催され、高松市長としてはもとより、全国市長会四国支部長、(公財)日本都市センター理事長などの立場で、大小10の会議に出席しました。
 全国市長会は、現在813人の市区長で組織され、全国各市間の連絡協調を図り、市政の円滑な運営と進展に資し、地方自治の充実に寄与することを目的としております。本日の通常総会では、会長の森・長岡市長の進行により、平成24年度決算報告、平成26年度予算の承認などのほか、全国各支部から提出された議案の報告・審議や、本会が取りまとめた決議案の審議、更には副会長等の役員改選などの議事がなされ、いずれも報告並びに原案どおり決定されました。総会の後には、行政・財政・社会文教・経済の各委員会が開催され、私は、引き続き、社会文教委員会委員長を仰せつかりました。厚生労働、文教等の各分野における研究・審議が円滑に行えるよう、副委員長ほか委員市長の皆様と協力してまいりたいと思います。

平成26年度「歯と口の健康週間」行事開会式

6月1日()

平成26年度「歯と口の健康週間」行事開会式 本日午前、高松市歯科救急医療センターで執り行われた、平成26年度「歯と口の健康週間」行事開会式に出席し、お集まりの皆様にあいさつをしました。
 歯と口は、健康で長生きするために、大変重要な役割を果たしており、生涯を通じて健康な生活を送るためには、子どもの頃から歯と口の健康を維持することがとても大事です。本市においても、本年3月に策定した「高松市健康都市推進ビジョン」の重点取組事項の一つとして「歯と口腔の健康」を位置付け、「めざそう!8020(はちまるにいまる:80歳まで自分の歯を20本以上残す。)」を目標に、様々な健康づくりの取り組みをしております。お集まりの皆様には、この健康週間行事を通じて「咬む咬む チェックで みんなカモン」を合言葉に、歯と口の健康に関する正しい知識を身につけていただき、歯と口が自らの健康・元気の源となるために、常に心掛けていただくよう、お願いしました。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

 

2010年以前の活動報告 2011年の活動報告 2012年の活動報告 2013年の活動報告 2015年の活動報告