■イノベート高松−夢と誇りを持って! 高松市長・大西ひでと公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 活動報告 > 2017年

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

屋島レクザムフィールドオープン記念式典

4月23日()

屋島レクザムフィールドオープン記念式典屋島レクザムフィールドオープン記念式典 晴天に恵まれました本日、屋島競技場オープン記念式典に出席しました。この屋島競技場、愛称 屋島レクザムフィールドは、老朽化した旧屋島陸上競技場をリニューアルすることを目的に平成26年度より整備を進めてまいりまして、関係者の皆様の深甚なる御理解と御協力をいただき、本日完成の運びとなりました。
 この競技場は、高松以東では県内唯一の陸上競技場として、収容人数6千人のスタンドを備え、四国大会等の陸上競技大会が開催可能な第2種陸上競技場として整備をいたしました。一際目を引くトラックの「青」瀬戸内海をイメージし、また、健康づくりや憩いの場として距離の異なる複数のウォーキング・ジョギングコースを整備しており、市民の方々に幅広く利用していただけるものと存じます。
 今後、この屋島レクザムフィールドで育った子どもたちから、将来のトップアスリートが輩出されるとともに、地域から愛され地域に根ざした施設として、また本市のスポーツ振興中核として大いに発展していくことを心から期待しています。

屋島レクザムフィールドオープン記念式典 

屋島レクザムフィールドオープン記念式典

屋島レクザムフィールドオープン記念式典 

クルーズ客船「ザ・ワールド」寄港に係る入港歓迎セレモニー

4月14日(金)

クルーズ客船「ザ・ワールド」寄港に係る入港歓迎セレモニー 本日、サンポートの高松港5万t級岸壁に寄港したクルーズ客船「ザ・ワールド」の入港歓迎セレモニーに出席し、42万高松市民を代表して、歓迎のごあいさつをしました。
 この客船は、一般的なクルーズ客船とは異なり、世界で唯一の分譲型客船で、客室ごとに所有者がいるマンション型の豪華客船とのことです。本市へは、2014年に続いて2度目の寄港であり、再度本市を寄港地として選定いただきましたことにつきまして、関係各位に深く感謝申しあげました。
 同船は、本日早朝に入港し、本市には3日間滞在して香川県内の各観光地を巡られる予定と伺いました。コースには、本市が誇る大名庭園の栗林公園や、瀬戸内海の多島美を満喫できる屋島などがあり、瀬戸内の魅力などを充分にお楽しみいただけるものと存じます。乗客の皆様方にとって本市での御滞在を大いにお楽しみいただくとともに、ザ・ワールドの航行の安全を心から願っております。

クルーズ客船「ザ・ワールド」寄港に係る入港歓迎セレモニー 

クルーズ客船「ザ・ワールド」寄港に係る入港歓迎セレモニー

クルーズ客船「ザ・ワールド」寄港に係る入港歓迎セレモニー 

高松市川東こども園 開園式

4月7日(金)

高松市川東こども園 開園式 川東こども園は、旧川東保育所が建物の老朽化とともに耐震性の懸念がありましたことから、地域の皆様の御意見も頂きながら、子どもの安全・安心な環境整備を図るとともに、幼保連携型認定こども園への移行を見据え、川東幼稚園の敷地内に既存の幼稚園建物と集約した整備を行ったものです。
 工事は昨年7月に竣工し、子どもたちは新しい園舎で幼稚園児と保育所児が共に過ごし交流を深めてきました。そしてこの度、市立施設としては6園目となる幼保連携型認定こども園として、開園する運びとなったものです。
 本市におきましては、0歳児から小学校1年生までの発達を見据えたカリキュラムである、「高松っ子いきいきプラン」を策定し、保育所・こども園・幼稚園のうち、いずれに在籍していても、等しく質の高い教育・保育の提供ができる環境の整備に取り組んでおります。川東こども園におきましても、このプランを日々の教育・保育に取り入れ、より一層の教育・保育の質の向上を図り、家庭や地域との連携を深めながら、地域の子育て支援の拠点となるよう努めてまいりたいと存じます。

香川県中小企業家同友会 平成29年合同入社式

4月3日(月)

香川県中小企業家同友会 平成29年合同入社式 本日午後、サンメッセ香川において行われた、香川県中小企業家同友会主催の合同入社式に出席し、晴れてこの度、県内の中小企業23社に入社された46名の新入社員の皆様にお祝いのあいさつをしました。
 国におきましては、昨年8月に、「未来への投資を実現する経済対策」を公表し、産業構造改革、働き方や労働市場の改革、さらには人材育成の一体改革などにより、民需主導の持続可能な経済成長と一億総活躍社会の実現を目指すとされております。
 本市におきましても、昨年度から「第6次高松市総合計画」をスタートしており、その基本的考え方の一つに「若者から選ばれるまちづくり」を掲げ、若い世代にとって、住み続けたい、住んでみたいと思えるような魅力あるまちづくりを進めています。
 新入社員の皆様には、それぞれの職場で、夢と目標を持って仕事に打ち込み、各企業で大きく飛躍・成長され、地域の未来を担う人材として、本市のまちづくりにも積極的に参加いただけることを願っています。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

 

2014年以前の活動報告 2015年の活動報告 2016年の活動報告