■瀬戸内創造拠点都市・高松のさらなる進化を!  高松市長・大西ひでと-公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 活動報告 > 2020年

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

四国華僑華人連合会からのマスク寄贈式

5月22日(金)

 御承知のとおり、新型コロナウイルス感染症については、昨日、関西の3府県の緊急事態宣言が解除され、全国的にも徐々に収束の方向に向かっているところですが、北海道と関東の1都3県では、依然として緊急事態宣言の対象区域となっています。この宣言が1日も早く全面解除となるよう、粘り強く感染防止対策を講じながら、今後は、社会経済活動の再開と回復を目指していく必要があります。
 そのためには、まずは私たち一人一人が、人に近づきすぎない、マスクを着用する、手洗いを励行するという、感染防止の3つの基本を徹底していく必要があります。このような中、一般社団法人四国華僑華人連合会様からマスク寄贈の申し出があり、本日、寄贈式を行ったところです。寄贈いただきましたマスクにつきましては、本市といたしましてもありがたく頂戴し、各医療機関等に配布し、有効に活用してまいりたいと存じます。

四国華僑華人連合会からのマスク寄贈式 

四国華僑華人連合会からのマスク寄贈式 

 新型コロナウイルス感染症の完全な終息には、今しばらく時間がかかると思いますが、これまでの努力が無駄にならないよう、市民の皆様には、感染リスクをコントロールしながら、日々の生活を少しずつ取り戻していく取組を行っていただきたいと存じます。引き続き、御協力をよろしくお願いします。

ツジセイ製菓株式会社からの激励品寄贈式

5月18日(月)

株式会社松本光春商店からのマスク寄贈式

5月19日(火)

ツジセイ製菓株式会社からの激励品寄贈式 

 新型コロナウイルス感染症につきましては、本市においても3月末から4月にかけて急速に蔓延しておりましたが、市民の皆様の御協力もあり、その後、新規感染者は1か月近く発生しておりません。そのような状況の中、国は今月14日に、香川県を含む39県において緊急事態宣言を解除したところです。
 しかしながら、感染拡大の不安は引き続き残っており、市民からの検査ニーズは高いものがあります。また、検査体制の充実は、「帰国者・接触者外来」に勤務されている医療従事者の方の負担軽減を図ることにもなります。そのため、本市では、高松市医師会様に御協力いただきながら、今月14日から「高松市PCR検査センター」を開設したところです。

ツジセイ製菓株式会社からの激励品寄贈式 

 また、いわゆる「第2波」が懸念されることから、今後におきましても、国や県とも密接に連携を取りながら、感染拡大防止に向け、市民の皆様の健康管理の徹底や、感染を広げない対策に、適切かつ早急に努めてまいりたいと存じます。
 このような中、新型コロナウイルス感染症対応に奮闘する医療従事者を労い、応援したいと、ツジセイ製菓株式会社様からはお菓子を、また、株式会社松本光春商店様からは、依然として医療現場において不足しているマスク3万枚を、それぞれ寄贈いただいたところでございます。本市といたしましてもありがたく頂戴いたしまして、各医療機関に配布してまいります。
 今後も、引き続き適切な医療体制の確保に努めるとともに、社会経済活動と感染拡大の防止の両立に配慮した対策を進めてまいります。

株式会社松本光春商店からのマスク寄贈式 

株式会社松本光春商店からのマスク寄贈式 

令和2年第2回高松市議会臨時会(開会/提案説明)

5月14日(木)

 本日、令和2年第2回高松市議会臨時会が開会し、補正予算案や条例議案など、提出した6議案について、私から提案理由の説明を行いました。

 

 特に、今回の補正予算案は、子育て世帯やひとり親家庭に対する臨時特別給付金のほか、売上げが大幅に減少した中小企業等に対するテナント賃料給付金や宿泊業者に対する応援金など、本市独自の支援策を含む、いずれも新型コロナウイルス対策として早急に対応を要するものについて、それぞれ措置又は補正するもので、一般会計の補正予算額は、26億4,800万円余となっています。
 また、条例議案及びその他の議案についても、一部を除き、新型コロナウイルス対応に係るもので、特に、先月20日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に基づく「特別定額給付金」について、市民の皆様に早急に支給できるよう、関係予算を専決処分により措置したことの承認を求める議案についても提出しています。

 

 今回の臨時議会は、明日、議案の採決が行われ、閉会する予定ですが、今後は、新型コロナウイルスの感染防止に全力で取り組みながら、社会経済活動の維持との両立を図るため、市民や事業者の皆様に対する支援を適切かつ迅速に実施してまいります。

カマタマーレ讃岐からのポンチョ及びルーヴからの激励品寄贈式

5月1日(金)

 新型コロナウイルス感染症については、全国的かつ急速な蔓延等を受け、国は、先月16日に緊急事態宣言の対象区域を全国に拡大したところです。本市におきましても、市立保育所において、保育士11人・園児2人の集団感染が確認されるなど、極めて憂慮すべき状況が続いてきたところです。
 このような中、今回、株式会社カマタマーレ讃岐様からはポンチョを、また、株式会社ルーヴ様からは和菓子と手指消毒液を寄贈していただきました。
 現在、医療機関では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医療資材が不足している状況とお聞きしております。そのため、手指消毒液はもちろんのこと、ポンチョは防護服の代替品として有効に活用することができ、誠に有難い品をご寄贈いただいたと喜んでいます。

カマタマーレ讃岐からのポンチョ及びルーヴからの激励品寄贈式 

カマタマーレ讃岐からのポンチョ及びルーヴからの激励品寄贈式 

カマタマーレ讃岐からのポンチョ及びルーヴからの激励品寄贈式 

 また、これまでモンドセレクション4年連続最高金賞受賞など、輝かしい成績を収めてこられた株式会社ルーヴ様のお菓子は、日々、感染症対応業務に従事し、ご苦労されている医療従事者の疲れや不安を緩和できるものと存じますので、医療資材とともに、各医療機関に配布してまいります。
 今回のご寄付を励みとしながら、適切な医療体制の確保とともに、感染拡大防止に向けた適切な対策に努めてまいりたいと存じます。

カマタマーレ讃岐からのポンチョ及びルーヴからの激励品寄贈式 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

 

2018年以前の活動報告 2019年の活動報告