■瀬戸内創造拠点都市・高松のさらなる進化を!  高松市長・大西ひでと-公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 活動報告 > 2020年

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

香川県トヨタ販売店グループからの新型コロナウイルス感染症対応車両貸与式及び感謝状贈呈式

3月30日(火)

香川県トヨタ販売店グループからの新型コロナウイルス感染症対応車両貸与式及び感謝状贈呈式 

 この度、香川県トヨタ販売店グループ様から、香川県及び県内の各保健所に対し、新型コロナウイルス感染症対応車両の無償貸与の申し出があり、本日、香川県庁において貸与式を行い、感謝状を贈呈し、お礼のご挨拶をさせていただきました。
 本市において初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたのは、昨年の3月30日でした。それからちょうど1年が経過しましたが、この間、本市においても高齢者施設や小学校等でクラスターが発生するなど、多くの感染者が確認されており、未だに収束の兆しは見えません。来月からは、感染拡大の抑制と収束に向けてワクチン接種が開始される予定で、これが円滑かつ迅速に実施できるよう、関係機関とも連携して準備を進めているところです。
 そのような中、この度、感染症対応の車両を無償で貸与いただけることは、本市保健所における慢性的な車両不足の解消につながるものであり、非常にありがたく存じているところです。今後の感染症対策に有効に活用してまいりたいと存じます。

香川県トヨタ販売店グループからの新型コロナウイルス感染症対応車両貸与式及び感謝状贈呈式 

高松市各地区地域審議会感謝状贈呈式

3月30日(火)

 本市では、平成17年度に塩江町、牟礼町、庵治町、香川町、香南町及び国分寺町の周辺6町と合併した際に、合併町の住民皆様の声を施策に反映させるため、各地区に地域審議会を設置しておりましたが、今年度末をもって15年の設置期間が満了します。そこで、委員皆様方のこれまでのご尽力に対して感謝の意を表するため、私から各地区の地域審議会に対して感謝状を贈呈させていただきました。
 これまでに地域審議会からいただいたご意見は、可能な限り市政、まちづくりに反映しており、合併6町における建設計画等搭載事業の全1,005事業のうち、「実施済」及び「実施中」の事業は約97%となっております。残りの事業につきましては、4月からは本市の協働のパートナーであります地域コミュニティ協議会に協議の場を移し、連携を図りながら着実に進めてまいる予定です。
 会長を始め、委員の皆様方に対しては、今後とも地域の発展のため、より一層の御協力を賜りますようお願い申しあげました。

高松市各地区地域審議会感謝状贈呈式 

高松市各地区地域審議会感謝状贈呈式 

松浦産業株式会社からのマスク等寄贈式

3月29日(月)

 この度、松浦産業株式会社様から、本市の子育て支援に活用してもらいたいと、マスクとトイレクリーナーの寄贈の申し出があり、本日、寄贈式を行いました。

松浦産業株式会社からのマスク等寄贈式 

 新型コロナウイルス感染症については、市民の皆様の御協力もあり、3月の新規感染者数は減少傾向にありましたが、人の移動が多くなる年度の変わり目を迎え、再び増加の兆しもあり、油断ができない状況が続いております。
 このような中、来月からはいよいよワクチン接種が始まりますが、本市としましても、これまでに経験のない大規模なワクチン接種を円滑かつ安全に実施できるよう、関係機関とともに準備を進めております。
 しかしながら、ワクチン接種が始まっても、引き続き、マスクの着用や人と人との距離の確保など、基本的な感染防止対策を徹底する必要があり、当面はウィズコロナの時代が続くことを覚悟しなければなりません。
 そのため、今回、寄贈いただいた物品は、子育て家庭の日々の暮らしの中でも欠かせないものであり、本市といたしましてもありがたく頂戴いたしまして、有効に活用してまいりたいと存じます。

松浦産業株式会社からのマスク等寄贈式 

高松フラストリート2020

3月27日(土)

 本日、サンポート高松エリアで行われた「高松フラストリート2020」のエンディングで挨拶を行いました。
 このフェスティバルは、今年で記念すべき10回目の開催になります。本来であれば、夏本番の昨年8月に開催する予定でしたが、コロナ禍により一旦延期し、会場を例年開催している丸亀町商店街からサンポート高松エリアに変更するとともに、観客エリアへの入場制限などの感染防止対策を講じながら、本日、無事に開催されたものです。工夫を凝らして開催に御尽力いただきました関係者の皆様には、改めて深く感謝の意を申しあげたところです。
 本日は好天に恵まれ、満開の桜の木の下で、さらには海にも近いサンポート高松エリアの開放的な雰囲気の中、御出演の皆様方のパフォーマンスやあふれる笑顔、そしてカラフルな衣装により、まるで南国の花々が咲いたようにエリア一帯が華やかに盛り上がりました。御来場された皆様も、コロナ禍をしばし忘れ、街角に楽しい音楽があふれる「アート・シティ高松」の雰囲気を十分に味わっていただき、楽しい時間と感動を共有することができたのではないでしょうか。

高松フラストリート2020 

高松フラストリート2020 

令和3年度新入学児用交通安全用品贈呈式

3月25日(木)

 本日、福岡保育所において令和3年度新入学児用交通安全用品贈呈式を開催し、4月に小学校に入学される子どもたちに、鈴付きリボンやランドセルカバーなどの交通安全用品をお渡ししました。

令和3年度新入学児用交通安全用品贈呈式 

 これらの用品は、地元企業や団体の皆様方から寄贈いただいたものでして、例年であれば皆様方を一堂に会して寄贈式を行っておりますが、今年はコロナ禍により、規模を縮小し、本年度の交通マナーアップモデル地区である松島地区の福岡保育所において開催したものです。
 本市では、昨年は2,051件の交通事故が発生しましたが、一昨年に比べると426件減少しております。また、子どもが関係する事故も減少傾向にあるほか、幸いにも、近年は子どもが犠牲となった死亡事故は発生しておりません。
 本市としましては、今後も子どもが関係する交通事故を防止するため、各学校等で実施している交通安全教室の更なる充実を図るとともに、街頭キャンペーン等の啓発活動を通じ、市民一人一人の交通安全意識の高揚にも努めてまいりたいと存じます。
 4月から新一年生になる皆さんは、今日もらったものを身に着けて、車や自転車に十分注意しながら、元気に登下校してください。

令和3年度新入学児用交通安全用品贈呈式 

県内市町長と知事との新型コロナウイルスワクチン接種体制に関する意見交換会(web会議)

3月18日(木)

 本日、県内市町長約半数の8人と知事との新型コロナウイルスワクチン接種体制に関する意見交換会がweb会議形式で開催されました。
 御承知のとおり、新型コロナウイルスワクチンについては、県内では今月から医療従事者の優先接種が始まり、来月からは、各市町において高齢者の優先接種が行われる予定です。このワクチン接種は、これまでに前例のない大規模かつ緊急性の高いものであるため、今後の円滑な実施に向け、各市町のワクチン接種体制の状況等について情報を共有するほか、国に対する要望事項等について意見交換を行ったものです。
 特に私からは、市民の皆様からの問合せに迅速かつ的確に対応できるよう、国、県、各市町がそれぞれ設置するコールセンターについて、香川県として広く県民に周知・啓発を行うことのほか、ワクチン供給状況に係る正確な情報提供をお願いしたいことについて、意見を申しあげました。

県内市町長と知事との新型コロナウイルスワクチン接種体制に関する意見交換会(web会議) 

県内市町長と知事との新型コロナウイルスワクチン接種体制に関する意見交換会(web会議) 

 私としましては、この度のワクチン接種は、感染拡大の抑制と収束に向けた強力な手段になるものと存じております。今後、国の動向を見極めながら、更に関係機関との連携を強化し、ワクチン接種の実施主体としての責任を果たすべく、全力で取り組んでまいりたいと存じます。

鶴尾中学校閉校記念式典

3月13日(土)

鶴尾中学校閉校記念式典 

 鶴尾中学校は、戦後の中学校制度の開始に伴い、昭和22年4月1日に創立されました。開校当初より、人権尊重の精神に徹し、社会から信頼される人間性豊かな生徒に育つことを目指した教育を推進し、各方面で活躍する優れた人材を輩出してきました。しかしながら、生徒数の減少により、今月末をもって74年の歴史に幕を閉じることとなっておりまして、本日、閉校記念式典が行われ、私も挨拶を述べるとともに、校旗の返還を受けました。
 同校は、「人権尊重都市高松」の学校教育における担い手として、これまで数多くの価値ある提案を続けてきました。その提案は、多くの学校の道しるべとなり、様々な形で実践されており、市内はもとより、市外の小・中学校にも広がり、受け継がれております。
 閉校が決まって以降、同じ校区にある鶴尾小学校の卒業生は、周辺の4つの中学校に進学しており、鶴尾校区の輝かしい歴史と伝統、そして積み上げてきた数々の功績は他校に引き継がれていきます。PTAを始め、地域の皆様方には、これまで賜りました御支援に対し御礼を申し上げるとともに、引き続き、子どもたちへの温かい支援をお願い申しあげました。

鶴尾中学校閉校記念式典 

高松ライオンズクラブからの目録受領式

3月4日(木)

 この度、高松ライオンズクラブ様から、本市在住の外国人留学生のためのマスクの寄附について、また、新型コロナウイルス感染症に対応しているみんなの病院に対しての寄附金について、それぞれお申し出があり、本日、目録を受領するとともに感謝状を贈呈させていただきました。

 新型コロナウイルス感染症につきましては、全国的な感染拡大を受け、1月には11都府県に緊急事態宣言が発令され、その後、新規感染者数は減少傾向にありますが、現在も4都県が対象地域となっています。本市においても、月別で過去最多の261人を記録した1月をピークに徐々に落ち着きを取り戻しつつありますが、まだまだ予断を許さない状況が続いております。
 このような中、温かい御厚意を頂戴したことは非常にありがたく存じております。マスクにつきましては、本市在住の外国人留学生の方々に勇気を与えるものとして、また、寄附金につきましても、地域医療の重要な役割を担うみんなの病院に対する応援するものとして受け止めておりまして、それぞれ、感染症対策に有効に活用してまいりたいと存じます。

高松ライオンズクラブからの目録受領式 

高松ライオンズクラブからの目録受領式 

令和3年第1回高松市議会定例会(開会/提案説明)

3月4日(木)

令和3年第1回高松市議会定例会(開会/提案説明) 

 本日、令和3年第1回高松市議会定例会が開会し、新年度に向けた私の所信の一端を述べさせていただくとともに、令和3年度当初予算案や条例議案など、提出した30議案について提案理由の説明を行いました。
 そのうち、新年度予算案については、第6次高松市総合計画に掲げる6つのまちづくりの目標を達成するために必要な施策、事業を中心に編成しております。一般会計の総額は1,611億円となり、前年度当初予算に比べ、金額で31億円、率にして1.9パーセントの減となっています。しかしながら、新型コロナウイルス感染症への対応のほか、子ども・子育て支援施策の充実、さらには社会保障経費や公共施設の維持・更新経費の増加などにより、依然として厳しい財政状況にあり、引き続き、慎重な財政運営を行う必要があります。

令和3年第1回高松市議会定例会(開会/提案説明) 

 本市としましては、このような状況下にあっても、感染症の拡大防止と社会経済活動の維持との両立を図りながら、新たな事業展開も視野に入れ、30年後、50年後の将来を見据え、活力を失わず、市民の皆様が生き生きと暮らせるまちの実現に取り組んでまいりたいと存じます。
 なお、今議会は、9日から15日の代表質問及び質疑の後、16日から19日にかけて常任委員会が、23日に委員会報告と当初提案議案の採決が行われ、追加議案の提案、審議、採決を経て24日に閉会する予定となっています。

高松市場活性化推進事業貢献に伴う感謝状贈呈式

3月3日(水)

 本市では、市民に開かれ、親しまれる市場づくりを進めるため、その認知度を高め、賑わいを創出する「市場活性化推進事業」を進めておりますが、本日、この事業に賛同いただき、多彩なアート作品の制作に多大な支援をいただいた日本ペイント株式会社四国支店様に対して、感謝状を贈呈させていただきました。
 日本ペイント株式会社四国支社様には、同社スペシャルアンバサダーのSHOGEN氏による、加工水産物棟の倉庫一面に大きなひまわりの壁画を描いたアートスペースの整備のほか、SHOGEN氏と地元の新番町小学校3年生の皆さんによる、海をテーマとした全長120メートルの壁画アートの制作などに支援いただいたところです。これらのアート作品は本市市場の象徴として多くの方々の注目を集め、市場を訪れていただくきっかけにもなっております。

高松市場活性化推進事業貢献に伴う感謝状贈呈式 

高松市場活性化推進事業貢献に伴う感謝状贈呈式 

 現在、卸売市場を取り巻く環境は、人口減少や流通形態の変化等、さらには、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、厳しい状況が続いておりますが、本市では、アート作品の展示のほか、誰でも利用できる関連商品売場棟「うみまち商店街」への多種多様な店舗の出店など、創意工夫を凝らしながら市場全体の活性化に取り組んでおります。皆様も是非、お立ち寄りください。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

 

2018年以前の活動報告 2019年の活動報告 2020年の活動報告