■瀬戸内創造拠点都市・高松のさらなる進化を!  高松市長・大西ひでと-公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 活動報告 > 2020年

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

今後のまちづくりに向けた勉強会

7月8日(水)

今後のまちづくりに向けた勉強会 

 本市では、「まちづくり戦略計画」などにおいて、「地域共生社会の構築」「コンパクト・プラス・ネットワークのまちづくり」「スマートシティの推進」3つを重点的に取り組むテーマとしておりますが、コロナ禍の中、今後、新型コロナウイルスの感染拡大の防止と社会経済活動の維持を両立するためには、ICTを積極的に活用した「新しい生活様式」への対応が必要になります。
 そこで、本日、「ICTを活用した人を集めない観光振興」をテーマに、本市の政策、観光部門の職員とスマートシティ高松推進協議会の会員企業の皆様とで「今後のまちづくりに向けた勉強会」を開催しました。

 会議は、市役所の会議室と各企業をオンラインで結び、私も別室から参加しました。その中で、企業の皆様からは、ICT技術を活用した観光振興のための具体的な事業の提案を受け、意見交換を行ったところです。ご提案は、それぞれに今後、更なる研究を進めてまいりたいと思います。
 この勉強会は、「新しい生活様式を踏まえた密を作らないコンパクト・プラス・ネットワークのまちづくり」「ICTを活用したスポーツ振興」など、今後も様々なテーマで開催する予定です。これらの議論を通じて、本市の今後のまちづくりの方向性を示していければと思います。

令和2年度第1回高松市総合教育会議

7月2日(木)

 本日、令和2年度第1回高松市総合教育会議が開催され、まず、ICT教育のパイロット校である勝賀中学校で3つのオンライン授業を見学し、その後、ふれあい福祉センター勝賀で会議を行いました。
 勝賀中学校では、@一人一台端末を使った個別のドリル学習、A複数のクラスで同時に理科室とオンラインで結んで行う解剖実験、B複数のクラス合同で行う外部講師とのリモート講演会の各授業を見学しました。個別に習熟度に応じて学習が進められることやオンラインで学級間や遠隔地とつながることで、子供たちが真剣にあるいは楽しみながら授業に臨んでいたのが非常に印象的でした。
 視察後の会議では、教員と児童生徒の情報リテラシーの向上家庭のインターネット環境の整備など、いくつかの課題が挙げられながらも、私と教育長、教育委員全員が、本格的なオンライン教育の環境整備を進めるべきという方向で一致しました。

令和2年度第1回高松市総合教育会議 

令和2年度第1回高松市総合教育会議 

 具体的な措置は9月補正予算対応になりますが、教育委員会を主体に、皆さんの御意見もお聞きしながら、本市にあった教育の多様性に対応したオンライン授業のシステムを構築してまいりたいと思います。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

 

2018年以前の活動報告 2019年の活動報告