■イノベート高松−夢と誇りを持って! 高松市長・大西ひでと公式ウェブサイト

トップ

プライバシーポリシー

サイトマップ

お問合せ

 HOME > 大西ひでと後援会のご案内

 

コロナ禍でも進む重要課題

 

大西ひでと後援会会長 平田 喜一郎


 
明けましておめでとうございます。
 昨年は、秋以降あたかも潮が引くように新型コロナウイルス感染者数が減少してきました。今年の感染者数の推移が気になるところですが、ワクチンや治療薬がいろいろ開発されてきておりますので、通常のインフルエンザ並みに落ち着いてくれればと願うばかりです。

 さて、後援会活動は令和二年以降、総会・役員会があいにく中止となりましたが、昨年十一月二十七日に感染対策をとりながら、ようやく役員会を開催することができました。
 役員会では、大西市長から種々報告がありました。
 ウイズ・コロナの中での経済対策を始めとする新型コロナウイルス対策、住民が支えあう地域共生社会の構築、ICT・データを活用したスマートシティ、スーパーシティ構想の推進など、コロナ禍との戦いの中で、市長は着実に重要課題に取り組んでおられます。
 本年は、三月の第五回高松国際ピアノコンクール、春・夏・秋の瀬戸内国際芸術祭など各種のイベントも予定されております。
 新型コロナも落ち着き、今年は、ぜひ我々の総会も市長を囲み開催できることを期待しております。
 本年が皆様方にとりまして、安らかな年になりますよう念じまして、ご挨拶に代えさせていただきます。

 

 

 

 

大西ひでと後援会とは 大西ひでと後援会入会のご案内 後援会便り